CH EN
Vekenグループ

Vekenは20世紀初の寧波三江口畔の和豊紡績工場から起源し、近現代工業文明の1世紀以上の変遷を経って、既に百億の規模を持っている最先端産業投資グループに発展してきた。主に新エネルギー、新材料及び知能テクノロジーなどの最先端産業に投資して発展しています。

投資して運営している分野は主にリチウムイオン電池及びパワー電池、知能電子設備、精密スクリーン、工業ネットワーク、人工知能、知能チップ、情報安全、テクノロジー紡績服装、金融サービス、バルク貿易、知恵産業園、健康住宅などを含みます。傘下には80余りの持株企業があり、60余りの株式投資企業があります。その中には、10余りのA株上場会社及び新三板上場会社があり、持株運営上場企業が2社あります。(新エネルギー――Vekenテクノロジー(600152)、新材料――Vekenスクリーン(871506))。

中国国家投資の最先端産業投資有限会社などの中央企業と戦略的な協力関係を確立します。SDIC創業、SDIC(寧波)テクノロジー成果転化などの基金共同管理人を担当します。管理している基金の規模はほぼ500億元あり、新エネルギー、新材料、2025知能製造、新世代の電子情報及び自動化技術、人工知能などの予測性、戦略性の産業分野を重点的に投資することに注目します。

未来のVekenは、テクノロジーの遺伝子を伝承し、もっと開放的で、奮闘的な姿で知恵テクノロジーの時代をリードします。変化に富んでいるテクノロジーの波の中に、強力に最先端産業を投資して発展し、「テクノロジー革新生活」を使命として、中国の最先端産業投資のリーダーになることを目指します。

1905

グループが起源しました。

140+

持株及び株式投資企業

500 億

管理基金規模

発展の過程

  • 2020

  • 2019

    維科グループの傘下にある浙江大開情報技術12bet官方网址12博bet、寧波市公安局、浙江公共安全技術研究院が共同の発起人とし、知能視覚計算重点実験室は正式に設立されるようになった。

  • 2018

    6月20日、SDIC創業投資基金が寒武紀Bラウンド融資を共同にリードして投資し、投資後の全体の評価が25億米ドルに達したことを基づき、グローバル知能チップ創業会社を先導し続けます。

    6月、SDIC創業投資基金がハイパーチェーンテクノロジーBラウンド融資に参加し、ハイパーチェーンテクノロジーは将来のブロックチェーン業界で最初のユニコン企業になります。

    第六期の取締役会が無事に改選され、新エネルギー、新材料及び知恵テクノロジーを重点とする最先端産業投資の新たな目標を確立しました。Vekenは最先端産業投資が発展している新しい時期に入ります。

    寧波市政府は中国SDIC最先端と共に『戦略的協力フレーム協議』を署名しました。VekenはGP管理人として、リードして提唱した100億のSDIC(寧波)テクノロジー成果転化基金が正式的に締結されました。

    寧波市政府はSUPCONの褚健教授のチーム、SDIC創業及びVekenグループと共に『協力協議』を署名しました。Vekenがリードして提唱した「寧波工業ネットワーク研究所有限会社」シリーズプロジェクトが締結されました。

    Veken精華が正式的にVekenテクノロジーに変更し、新エネルギーが上場会社の新たな中心業務になります。

    Vekenが提唱して株を持つ寧波工業ネットワーク研究所及び工業操作システム、工業コントロール安全、知能コントロールチップという3つの産業会社が成立し運営されました。

  • 2017

    10月、SDIC創業重大特別プロジェクト基金の形式で浙江金瑞泓株式会社に投資しました。重大特別プロジェクト基金が金瑞泓に増資したのは、最先端半導体材料の研究開発を持続的に行い、生産能力を高めることに「強心剤」を注ぎ込み、半導体材料の国産化を実現することを速めます。

    8月、SDIC創業投資基金が寒武紀テクノロジー1億米ドルAラウンド融資に参加したので、寒武紀が人工知能分野の最初のユニコン企業になりました。

    7月24日、傘下の上場会社のVeken精華(600152)の重大資産再編成プロジェクトが中国証券監督管理委員会に審査され、許可をもらいました。

    7月7日、寧波Vekenスクリーン株式会社の新三板が上場しました。(証券の略称:Vekenスクリーン 証券のコード:871506)。

  • 2016

    第1期の120億のSDIC創業投資基金のGPパートナーになり、最先端産業投資の規模が200億元を突破しました。

    取締役会がリードしている投資コントロールモデルを実行し、産業運営グループから産業投資グループまで変更し、管理体制及び組織構造の変革を実施します。

    3月、グループ本部を月湖金汇ビルに引っ越ししました。

    Veken電池が中国製造2025寧波行動概要に入られ、寧波Veken新エネルギーテクノロジー有限会社、寧波Veken新エネルギーパワー電池有限会社を成立し、正式的にパワー電池の分野に進みます。

    1月28日、寧波Veken電池株式会社の新三板が上場しました。(証券の略称:Veken電池 証券のコード:835456)

  • 2015

    12月21日、寧波最先端物流有限会社の輸出加工地帯供給チェーンストレージプロジェクトは起工式を行い、会社が業務を拡大する新たな成長ポイントになります。

    最先端コンテナを買収し合併して、バルク物資貿易の産業協力、優位を補足し合うことを実現したと同時に、供給チェーン金融を行うことに基礎を固めます。

  • 2014

    11月18日、グループは成功的に財通証券に株式参入し、増資し債券を引き受ける協議を調印しました。

    10月20日、Veken電池は成功的に業界の有名な戦略的協力仲間を引き入れ、増資協議を調印し、Veken電池が新たな発展局面を開きました。

    Veken電池、Vekenスクリーンは国家最先端技術企業の称号を受賞しました。

  • 2013

    10月、寧波Vekenスクリーン有限会社は新たに開発した「DPPSハイテク精密電子印刷スクリーン」という製品が国家科学技術部に「2013年度国家たいまつ計画プロジェクト」として許可されました。

    9月14日、寧波Veken電池株式会社の銭逸泰院士業務本部が成立し、寧波保税地域の最初の院士業務本部であります。

    Veken精華が主宰し制定したFZ/T61007-2012『家庭用織物 超細かい繊維ブランケット』に関する中国業界標準が工業と情報化部門に批准し公布され、2013年6月1日から実施されます。

    寧波Veken電池株式会社が2013年度の寧波市高度成長企業の育成リストに入れました。

  • 2012

    5月、機構改革を実施し、グループの構造を調整し、紡績、貿易、家屋、投資及び新産業という5つのグループを形成しました。

    5月18日、寧波東海融資リース有限会社を成立し、正式的にトップクラスの金融分野に進みます。

    4月27日、Veken上海瀚駿会社が第一次の先物保税倉庫領収書のプレッジ業務の試行企業に選出され、Vekenバルク物資貿易が既に大体の形が出来上がったと示します。

    1月、Vekenは成功的に中国のトップ3のダウンジャケット生産企業――江西鴨鴨グループを買収し合併しました。

  • 2011

    2011年12月8日、Veken創業投資株式会社が「中国本土の創業投資機構トップ50の企業」と評価されました。

    9月12日、寧波市は第一次の優勢の総本部企業のリストを公表し、Vekenグループが総合実力を頼りに、寧波市製造業類の総本部の第4位にランクされました。

    2月17日、Veken・水岸心境は「全国不動産管理模範的住宅区」を受賞し、寧波市に全国不動産管理模範的標準に達した最初の住宅区になります。

  • 2009

    2月、Vekenグループは管理層のレベルを更に簡単にし、持株株主華泰投資への吸収と合併を完成しました。

  • 2008

    12月3日、寧興(寧波)資産管理有限会社が所有した25%のVekenの株を買い戻し、国有資本が完全に退出し、経営チームが株式を完全に所有しました。

  • 2007

    9月10日、Vekenグループは日本のKBツヅキ株式会社とスクリーンプロジェクト協力協議を調印し、Vekenが新材料の高級なスクリーン分野に入ったことを示します。

  • 2006

    10月18日、浙江紡織服装学院「維科班」を開催します。

    11月2日、浙江理工大学と「維科集団就業基地」を設立し、学校と企業の協力と人材育成の新しいモデルを開始した。

  • 2005

    Vekenは世界の有名な紡績企業、日本の紡績界の「百年の老舗」――日本のカネボウ繊維を買い付けて、カネボウ繊維の核心設備、「KOYO」などのブランド及びカネボウ繊維海外投資企業(寧波、上海などを含む投資企業)の株式を取得しました。

    5月25日、VekenグループはAPEC紡績貿易シンポジウムを行い、代表取締役の何承命が『理解の帆をあげて、協力の橋を架ける』というテーマを講演し、WTOフレームのもとの公平な貿易環境を立て、共にアジア太平洋地区の紡績産業の持続的で健やかな発展を促すことをアピールしました。

  • 2004

    8月、Vekenは江蘇紡績(グループ)本社と共同に元の江蘇鎮紡グループを買い付けて、最初の多地域拡張の工業産業団地を建設しました。

    5月18日、Veken持株グループ株式会社に変更し、多地域、多産業が変更し進級する新し階段に入り、新エネルギー、新材料などを拡張するテクノロジー業界に投入し始めました。

  • 2003

    10月、Vekenグループは国際商務節を開き、全世界のお客様や会社などを誘い、全方位から産業協力プロジェクトを推薦し紹介しました。

  • 2002

    7月14日、「Vekenグループの最初の取締役局会議」が行われました。

    5月、財産権制度と労働募集制度の改革を完成し、国有企業から混合所有制企業への転化を実現しました。

  • 2001

  • 2000

    2月28日、寧波敦煌グループ株式会社は「寧波Veken精華グループ株式会社」に変更し、「Veken精華」と略称しました。(株券のコード:600152)

  • 1999

    7月27日、Vekenは上場会社の「寧波敦煌グループ株式会社」を買い受けました。(株券のコード:600152)

  • 1998

    5月18日、寧波国有紡績企業の技術、チーム及び市場などの資源優位を集め、寧波紡績(持株)グループ有限会社の傘下の企業が制度を改めて再編し、「繊維テクノロジー精華を集めること」を理念として、テクノロジー紡績を主な業務とする寧波Vekenグループ株式会社を創立しました。

  • 1996

    「寧波紡績(持株)グループ有限会社」を成立し、50余りの持株寧波国有紡績企業があります。

  • 1982

    和豊紡績工場の紡錘が72,000枚に増やし、そして672台のブロード機器があります。

  • 1980

    和豊紡績工場の紡錘は解放初期の6,000枚から42,000枚まで増やしました。

  • 1953

    1953年末、和豊紡績工場は国家と民間資本による共同経営を行いました。

  • 1914

    和豊紡績工場の紡錘の総数は23,200枚に達し、当時の浙江の最大な紡績工場になりました。

  • 1907

    3月6日、和豊紡績株式会社が正式に試運転して生産に入りました。

  • 1905

    Vekenは寧波を代表した最初の工業――「三本半の煙突」の一つの和豊紡績工場から起源し、その規模は浙江省の同業の1位に立ちます。

  • 1/4

    組織構成

     資本主導、制度規範、授権経営の投資コントロールモデルを採用し、持株会社の方面には取締役会がリードした職能部門と事業部制の管理モデルを実行し、企業の方面には企業の取締役会がリードした授権経営モデルを採用しています。

    グループ栄誉

    企業栄誉

    中国企業トップ500

    中国製造業トップ500

    中国民営企業トップ50

    中国外国貿易トップ500

    中国で最も価値ブランドを持つトップ500

    浙江省サービス業トップ100企業

    浙江省納税トップ100企業

    寧波市製造業トップ5

    寧波市優勢総本部企業

    寧波市総合トップ100企業

    寧波市サービス業トップ100企業

    寧波市納税トップ50企業

    寧波工業ブランド企業トップ50

    寧波市風雲大企業

    国家最先端産業投資プラットフォーム

    業界地位

    新エネルギー電池分野:3Cデジタル全国トップ5

    新材料スクリーン分野:中国第一位
    正解トップ5の業界のリーダー

    PE分野:全国PE創業投資機構トップ50

    株式参入基金:SDIC最先端基金――中央企業における基金管理の規模が最大であり、管理基金の品種が最も完全である株式基金投資機構の1つであります。中城連盟基金――国内の最初の新三板上場、管理規模が最大である不動産基金管理機構であります。

    株式参入証券会社:財通証券――全国の先頭に立ち、指向性発行、資産管理などの分野で業界をリードし続け、数度に中国基金業金牛賞を受賞しました。

    社会責任

    Vekenは一貫して社会責任を自分の核心価値観と見なし、「報い」「発展」及び「責任」という理念で企業、仲間、社会、環境及び生態の調和生存を実現します。
  • 責任ある商業行為

    Vekenは会社の管理構造を強化し、商業行為を規範し、法律を守り、合法的に納税し、業界の標準を支持し、知的所有権を保護することを通じて、企業の評判と信用を確保します。
  • 責任ある協力仲間

    Vekenは「共に偉業を創造し、未来を楽しむ」を協力理念として、開放的、ウィンウィンの戦略的協力生態圏を作り上げることに力を尽くします。
  • 責任ある社会公民

    グリーン納税の企業理念に従い、寧波市納税トップ50企業として、Vekenは生産能力の移動、産業進級、グリーン応用、環境保護、低炭素テクノロジーなどを通じて生態環境を保護し、地域社会住民の安全と健康を保障します。
  • 責任ある教育とチャリティー公民

    積極的に教育事業に傾け、Veken学院、Vekenクラス及びVeken奨学金を設立し、中国の教育事業に力を捧げます。同時に、チャリティー事業に尽力し、産業で貧困扶助を行い、チャリティー基金を設立し、双方が一致して互いに助け合う形を通じて、会社の潜在力を掘り起こして貧困扶助を行い、被災地区を寄付し、貧しい山間地域を援助します。